03 | 2017/04 | 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在のスロ・パチ状況をキャバにたとえると 

スロットは芸能人並に可愛い子がいる可能性もあるけれど、写真指名ができないので生き物かどうかの判別すら難しい物体が出てきて、生命の危険を感じたので帰ろうとするとお会計10万円取られるという店。
醍醐味はやっぱりいい子に当たった時。そりゃあもう。天国ですよ、ええ。

パチンコは似たり寄ったりのブサイクチャンばっかりなのだが、写真指名可の店。中にはマシなのもいて一生懸命こみにゅけーしょんするとなんか性格はいいぞこの女オイ!みたいな優良店も中にはあるぞという感じ。

そこそこ安い金で失敗なく安定した遊びをしたいならパチ。夢を追うならスロという感じか。

ま、半分くらいは芸能人に当たるんならスロの方がいい気がするが8割がた暴力。たまにマシなのが来ても普通にパチのがよくね?みたいな展開が殆どなので萎えるわ。
でもまあ初めからブサイクタンだと思って店いくのもモチベーションが上がらないからね。P7:S3くらいで稼動が出来るくらいはスロの方の良店確保と知識力アップしないと理想には遠いな。

都内パチンコが殆ど等価に化けた今年からは、このスタイルがパチ専業の間でも流行りそうな予感…
スポンサーサイト

ひっそりと 

更新してみる。誰も見てないと思うんで、気楽に気ままに書きたいことを。


タバコ値上がりしましたね~。これを機会に禁煙する人も多いのかな?
自分は未だに一日2.5箱ペースを守ってます。だって美味しいもん。
金はツライ。だから最近は稼ぐのも必死。

値上がりなって本当に自分がタバコをどれだけ好きかを再確認。美味い。美味すぎる。人類の最大の発明。ビバ煙。今から科学を勉強して世界中の空気がニコチンとタールを含有した煙に変わる機械を発明しようかしらん?


最近読んだ「快楽主義の哲学」って本にピエール・ルイスって人の「新しい逸楽」って短編のことが紹介されていたが、こんなあらすじらしい。


魔法の呪文によって夜だけ蘇ることのできるようになった古代の娘が、パリに住む中年の小説家のところへ来て現代の文明にくらべて古代の文明がいかに優れていたかを語る。
哲学も数学も絹も綿も全て古代から存在した、肉体も現代人は2000年前に比べて衰弱しているのではないかと。
で、帰り際に「この時代にしかない新しい快楽はないのか」と言う。小説家は困って「まあ一本吸えよ」とタバコを差し出す。
初めは「こんなもの」とバカにしていた娘だが、だんだんと夢見るような陶然とした顔つきになり、おしゃべりもやめてしまう。
つまり、ギリシア以後の人類の歴史が発見した唯一の新しい快楽はたばこであったというオチ。てか、小説家は喫煙者多いね。


聞いたところによると、飲酒も日本は圧倒的な後進国らしい。ヨーロッパとかだと普通に来客に自家醸造酒を振舞うらしい。うちの酒の味はどうだ?って感じで。
日本人が自家醸造をすることは法律で禁止されていることを言うと「それは植民地の法律だ」と驚かれるらしい。

酒と塩に高額の税金をかけて国の財源とするのは、ヨーロッパが植民地で儲けるために考え出したシステム。日本は明治維新でヨーロッパに植民地にされないために、国力を上げるため初めはしかたなくこのシステムを採用したのだが、それは豊かになった後も改正されず未だに俺らは酒を作ることができず、国のいいなりの税率で高い酒を買わされているのだ。


酒はそれほど得意ではないが、こういった「生活に必ずしも必要でないもの」が惹かれるもの大半を占めている自分は、今の社会のこういったものに圧力をかけてあわよくば消滅させようという動きが、イラついてしょうがない。
日本が、エコで福祉で暴力団追放で禁酒法禁煙法禁セックス法で健康なフリした、不健康な人たちでイッパイの国になることも近いのではとガクブルである。

現に発表当時(昭和62年)はパロディだった筒井康隆の「最後の喫煙者」と、今の現実とは大差がない社会になっているように感じる。
歩きタバコの火が子供の身長と一緒ってあの広告もな~。俺にとって、そういう世の中の危険を全てなくそうってする思想は

「公園の遊具は危険だからすべて低いものに」
「エスカレーターではベルトにおつかまり…」

っていうっていう「甘やかし」の垂れ流しと一緒なんだよなあ。

人生とは残酷なもので、ある瞬間にある場所にいただけで考えられない不幸な事故に巻き込まれる恐れがある。そういう現実を目隠しして、「安全ですよ」っていう嘘でコーティングされたまま生きてく方がよっぽど不幸なんじゃね?
とまあガキ(小学生)の頃に祭りでチンピラにぶつかって、因縁つけられて死ぬほどブルッた経験のある俺は思うわけですよ。
「世の中のほほんと鼻垂らして生きてけるほど甘くない」ってのは、痛い目見ながら覚えてくもんじゃね?



で、こういう思想を映画とかTVとかでも垂れ流すのやめてくんないかなあ…お笑い芸人の感動秘話なんてみたかねーよ。いい人の芸人てキモイわ。芸人はハリウッドの人間みたく、ドーピングしながら太く短く生きて欲しいってのは時代錯誤のロマンチシズムかね?
というわけで、最近のお笑いブームも全く興味がない。あの世渡り上手共よりサシャバロンコーエンとかの方が全然面白いわ。


こんなことをあえて書いたのも、要はバランスをもうちょい戻して欲しいってこと。なんか不景気とかそういうのの影響からか、最近の人って安定とか癒しとかそういう部分を欲しすぎてるような気がするからね~。

でも自分はただの天邪鬼なんで、これが80年代だったら「バブルとか言ってうかれてんじゃねーよこのカスが!!」とか吠えてそうだけどね(笑)
成長しないわ俺…

本日は… 

酒パワーの生放送。
深夜1時からです。
自分のパチスロ・パチンコ観を思う存分レペゼンしてきます。

酒パワー

ま、いつものライブの感じでやれば大丈夫でしょう。
そういえば先日の秋葉原Goodmanのライブの即興ラップの模様をYouTubeにアップしたので、こちらもチェックよろしく。





虫皇帝劇場版が気になってます 

映画評論家の町山さんが宇多丸さんのラジオで絶賛してた「虫皇帝劇場版」が観たい。

内容は金にあかせて購入した世界中の珍しいサソリとか毒蜘蛛とかの毒を持った虫と、カブトムシとかクワガタとかの昆虫を戦わせるだけという(笑)
子供の頃ワニブックスの「猛獣もし戦わば!」とかを読んでたボンクラとしては是非観たい!
当分蟹とか海老とか食えなくなるくらいグロいらしいけど(笑)

しかし動物愛護協会とかのチェックは入らなかったのか…
その中で我が国の子供たちのアイドルカブトムシタンはサソリに角と頭をちょんぎられて(!!!)も闘っていたと言う。

「凄いよ!僕たちが忘れた大和魂をカブトムシはまだ持ってんだよ!俺観てて涙出てきたよ!」とのこと。
クソ!俺も負けるか!カブト君!君のように生きるために引けなくても立ち向かっていくよ!
…と気合を入れて出撃したが




羽根の方は玉砕(-_-;)
一万発くらい一気に出て飲まれるてコラwww
羽根地中海で7倍ハマリは初かな?
この前飲みの席で「最近7倍ハマリとかないけど、3倍ダブルとかトリプルで来るから結局カワンネー。むしろ7倍でいい」って言ったのを神様に聞かれてたらしい。

いや…7倍ハマったらその後ちゃんと連チャンして欲しいんですが…

あまりにもムカついてミドルの大海打ったら500円で当たりやがった(笑)
羽根でハマってミドルで勝つ。明日以降もこの作戦で!

↓ランキングにご協力お願いしますm(__)m
にほんブログ村 パチンコブログへ
続きを読む

ヤ・バ・イ 

とまらない!ゲームが!

というわけで、360のBADCOMPANY2が面白すぎてほぼ寝ないでぶっ通しでやってしまった。しかも今も睡眠不足でヘロヘロなのにまだやり足りないという…

ゲーム封印した方がいいのかなあ…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。