10 | 2010/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

え!?獣王!? 

CR獣王が発表されましたね。

マックスタイプ!!当然だね。獣王だし。

サバチャン中はALL2000発!!突入・継続率75%!!
これはどうかな~?獣王なんだからマックス版花札物語みたく、15回の細かい当たりの最中にも抽選して、それを上乗せみたいに告知していく方式にすれば良かったのに。
もしくは戦国無双みたく、STタイプの方が獣王っぽいんじゃないかな~と思うんだけど。

スペック面での冒険を避けて認知度の高いシステムを取り入れて…ってとこだが、ちょっと待て。
獣王は今まで誰も考え付かなかったシステムで、新しいスロットの形を作ったから「レジェンド」なわけですよ!!
「CR猛獣王」の時も思ったけど、この精神を受け継がないで獣王を名乗ってもそれは単なるコスプレ。猛省を促す!!

とまあ偏屈じじいのボヤキはさておき、ここんとこパチンコはスロット人気に押され気味だからね。CR猛獣王の悪夢を吹き飛ばし、頑張って欲しいところ。

自分は打たないと思うけどなあ…MAXだし。
ただPV見るだけでもテンション上がるよ。





やっぱサバチャンの音楽は問答無用で上がる。この音楽聴いて上がらないアラフォースロッターは信用できない(・∀・)


でも最近はsammyのパチ結構がんばってるよね。
俺は打たないけど、一般のファンからは北斗とかも受け入れられてるし。みんな言ってるのが演出面・サウンド面のクオリティの高さ。
スロ開発で得たノウハウの正しい活かし方だね。

俺もスロの獣王はろくな思い出がないんだが、パチならマックスとはいえ収支プラスくらいならもってけそうな気がする。

休日のヒケヒケパチンコ用として考え…やっぱ打たないかなあ…マックスはハマった時が暇すぎる。
スポンサーサイト

Psy-VOGUE新曲はBFBC2ってゲームの曲 

タイトルは「Born To Be Kill~キルでいこう!!~」。

ということで今年俺と相方が最もハマっていたゲーム、バトルフィールドバッドカンパニー2(以下BFBC2)。
このゲームのことを歌った曲を作ってました。

もう今年は俺らの脳内はこのゲームに汚染されまくり。ゲーム仲間で、BFBC2の今までのプレイのことをあーだこーだ言うために飲み会を開いたりもした(笑)
そんなにまで入れ込んだゲームなら曲を作ってもいいだろう!!まあある意味コンセプトから何から、きわめて自分たちらしい曲だと思う。
コンセプトは…


・バースを4つに分けて、ゲーム内に登場する4つの兵科(他のゲームで言うとキャラみたいなもの)のことを歌う。ゲームをやったことがある人間なら思わずニヤリとするような歌詞にする。
・トラックはゲーム内で使われてるサントラからサンプリング。やったことがある人間なら一聴してわかるような使い方をする。
・動画をつけて、歌詞とリンクさせる。


こんな感じで決めて進行。
トラックが意外と最近のHip-Hopでもありそうな感じになって「これはイケル!!」と思ったけど、曲構成で意外と手こづったりしましたね。

先月は動画のネタ集めのためにDT宅で一緒にゲームをプレイ。「あの歌詞の場面がない」とかあーだこーだいいながらプレイするのはわりと新鮮でおもしろかったな~。

で、ゲーム仲間のCrisisAction(仲間内で最もこのゲームが上手い)に依頼して出来た動画をニコ動とようつべにアップしたところ…

予想を上回る大好評(やったーーーーー)!!!


正直新参者の俺らの動画なんてそんなに再生数もいかないだろうし、コメントもほんの少しつくのが関の山だろうと悲観する気持ちの方が強かったのに…
相方もブログに書いてたけど、ホントコメントいただいた全ての人にお礼言いたいくらいですよ、ええ。




バッドカンパニーは年末に「Vietnam」という大型DLCが待っているので、好評だったらこれの曲も作るか?ってな気になってます。
これってもしかして今後の自分たちの活動のヒントなのかな?
どこにうちらの音を喜んでくれる人がいるのか?っていうのが、今まで相当長いことわかんなかったからね。


今回アップした動画はやはり初めてということで、ニコ動の方ではかなり字幕が見づらいし画質も汚いものになってしまった。
これは次回の教訓にして、次はニコ動の方も画質向上できるよう工夫してみます。
最後に字幕もキレイに見えるYouTube版のリンクも貼っておきま~す。




http://www.youtube.com/watch?v=BJOqyatPSFo&feature=player_embedded

ヘボイヘボイといいつつも 

貢がせるだけ貢がせといて、さっぱり見返りのないスロよりはパチンコの方がいいと最近気づく。
気づくまで幾ら使ってんだ!ボケ!カス!という叱咤を自分に浴びせつつ、頑張っていきますか。

しかしよくパチンコの釘は奥が深いとか言ってる人いるけど、最近は深いのは見る人間の心かなと思います。
いい状況なら絶対打たないような貧乏くさい釘も、周りが地獄だとなんとなくいい形に見えてくるからFU・SI・GI、不思議♪


しかしそこはパチンコ、映画やなんかと違って「気のせい」は否応ナシに気づかされるんだよな~。大丈夫かな~こんなで?まあまだなんとかなる。
俺が潰れるのが早いか、都内のパチンコ屋が極悪営業の所為で潰れるのが早いかのチキンレースはまだまだ続く…

エウレカ全話見終わったわけだが… 

いまさらながらエウレカ全話鑑賞。
今まで手を出さなかったのは、自分の周囲の信頼できるボンクラ筋の評価が高くなかったため。
前半はその評価そのままの感想を自分も持ったため、断念しようかとも思ったが中盤辺りから面白くなるという話を聞いたのでスローペースで観続けていたのだが、確かに中盤から話はようやく回りだしたので一安心。
最後まで観たら印象は大分よくなったかな?が、手放しで肯定は出来ないかな~。

色々ネットの評価を調べてみたが、この人の評価が自分と最も近く感じた。
http://homepage3.nifty.com/mana/new-eva13.html

ガンダムしかり、エヴァしかり、聖典となるアニメには核がある。
監督の「これを吐き出すことが俺が生まれて来た意味なんだ!!」という叫びが聞こえてきそうなほどの想い。
実はこの2作品は両方ともいびつな部分を持った作品である。が、そのいびつな部分は製作者の思い込みが過剰に詰め込まれたため、既成の枠をはみ出てしまった結果である。
それが観るものの目に美しく映る。優等生な作品からは生まれない感動を生み出す。

それが観たいからアニメを観るんだよ俺たちは。

エウレカはこれらの作品と比べると軽い。キャラデザイン良し、作画良し、音楽良し、コンセプトもそこそこキッチリ作ってるのに…もったいない。色んなサブカル弄りもここがしっかりしてないから「で?」って感じに終わってしまってるんだよな~。

あと前半の話の重さはレントンとホランドっていう二人の、人間的に未成熟な主役キャラを据えてしまったことによるものだと思う。
前半はひたすらこの二人がエゴをぶつけ合ってるだけ。タチが悪いことにホランドはゲッコーステイトのリーダーなんで、ストッパーになる人間がいない。
こういうキャラは、清濁併せ呑む器量を持った…もしくは擦れたスノッブキャラを横に置くことで格段に活きて来ると思うんだが、そういった役目を持ったキャラであるチャールズが出てくるのは25話…長いっつーの(-_-;)
それまでの間、ガキが現実見ないで青臭い理想論をギャーギャー喚いてるだけの展開を我慢した俺はえらいと思うわ。

あと知的生命体が許容量を超えると宇宙が裂けるうんぬんの設定も、ちょっとご都合主義すぎに感じたな~。コーラリアンを人間に敵対する生命体にしたくなかったんだろうねたぶん。
でもここはもうちょい練らないと、「地球を汚す人間たちを排除する生命体っていうステレオタイプのイメージを回避するために作りました」感が強すぎないかね?


とはいえ、ここまで色々ダメなところを言ってきたが、決して観る価値のない作品ではない。
仏教思想をそこかしこに散りばめて、キリスト教ごっこのエヴァに対抗した世界観を構築する作戦は大方成功してると思うし(なんか中途半端にイスラム教イメージも混ざってるのがムカつくんだけどね。イスラム教と仏教って教義全然違うだろ!)。
で、そのイメージに合わせる音楽にテクノを持ってきたのは正解。60年代だったらサイケロックだろうが、仏教とヒッピーイメージは相性いいからね。

一番評価すべき点はこのアニメについて語りたくなる気にしてもらえたことだろう。批判的意見だろうがなんだろうがやっぱり何か一言いいたくなるんだよなあ。ボンクラ仲間と「エウレカはさあ…」みたいな話をして、一晩語り明かせるだけの放っておけない何かをコイツは持ってる。これは志が低い作品にはできない芸当だと俺は思うよ。

というわけで自分の感想はこんなですが…「Richてめえ全然わかってねえよ!!!」みたいな超肯定的な意見とかも聞いてみたいもんですな。エウレカ信者の訪問をお待ちしてます(・∀・)/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。