FC2ブログ

11 | 2018/12 | 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり慶次! 

昨日も前半は飽きずに地中海。
初め一箱180近く回った時は「おお!」と思ったのですが、いつものように回りは落ちてきて最終的には千円20.8のショボイ回り。夕方出玉を飲まれた時に、一応グルッとホールを徘徊してみると羽根の慶次が空いている。
こいつはいつか触る予定だった機種。こういう中途半端な日に検証するべきでしょうと思い、実戦開始!

一台目、ヘソは平行に毛が生えた程度。寄りはそんなに悪くないし、ステージもそこそこだけど千円あたり20も回ってない。マックスの時も慶次は「バネ、ステージ、道釘」の3種の神器で回していたことを考えるとこのヘソでも回る場合はあるんだけど…
導入して間もないこいつで、そんな台ないかな~と思いましたが諦めず探していると3台目にしてとうとう発見。

道釘の上で玉が縦に理想的なジャンプをして、通常も良好。更にステージからもボコボコ入賞する慶次のクセ良のお手本のような台。ハマリスタートだったけど、千円26回くらいのペースで回ってるのでノー問題。

無事当たりをゲットして今度は玉増え性能確認。
いける!ムチャムチャ増えてる!6連で取れた出玉は2500発弱。2R当たりの時もキッチリアタッカーを狙ったり、確変中も極力無駄玉を無くした結果1回の当たりにつき40発以上の上乗せに成功。
まあ2Rを4回も引いたんで、増えすぎの感はあるけどそれでも平均一回20発くらいの上乗せは狙える調整でしょう。

その後は200G近く回して単発、最後も100オーバーで飲まれたのですが、羽根慶次はかなり手ごたえアリ。確変中はスルー開いていて寄りがよければ止め打ちがかなり有効。
人が打ってるのを見てると大して箱積んでないし、スペックは相当辛いのかな?と思ってました。

実際に自分が打った時も普通に打つだけではかなり辛い台に感じましたが、そこを技術で補う余地がかなりあるといった感触。そういう点を考えるとアタッカーやスルーも締められにくい気がします。
打ってる間久しぶりに「パチンコ打ってるな~」って思いました。ストロークと止めるポイントの工夫を考えれば考えただけ見返りがある。
流石名機をベースに作られてるだけの事はある。期待を裏切らない出来です!

振り分け関連のゲージがチョロ打ち効果を減らすために変更されてるっぽい。それでも通常時はチョロ打ちを基本にいい場所を探す感じが良さそう。

後は時間効率かな?当たってないから3時間も打ってないのに通常結構回せたけど、当たりを理論値通りに引くとそれほど回せないだろうし。それは次回ちゃんと検証しよう。
なんにせよ赤海と地中海と大海以外に打てる機種が出来たことは嬉しい限り…って言っても慶次だから前と一緒って言えば一緒だが(笑)
他のメーカーももうちょい頑張ろうよ~。

CR甘デジ・花の慶次~雲のかなたに
(33.2玉交換、3H実戦)
投資14.5K 回収0K
通常623 時短40 初当たり不明(セグがまだどこにも載ってない)
出玉アリ大当たり7(4R×7)
回転率24.5/K(出玉390、390、760、1150、1420計算)
仕事量4908円

↓ランキングにご協力お願いしますm(__)m
にほんブログ村 パチンコブログへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://silvercannonball.blog49.fc2.com/tb.php/125-c8c9df7f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。