FC2ブログ

11 | 2018/12 | 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20世紀少年 

期待していたよりは良かった。
監督の堤幸彦は全く評価していない映画監督の一人。

自分は元々TVと映画は全く別物と思って見ているので、「ケイゾク」で結構面白いセンスしてると思っていたこの人が、劇場版で全く同じ作り方をしてるのを見て「この人は2時間って尺で物語をまとめることができない人」と評価を下していたのですが、今回20世紀~を見てちょっと前気になったところが改善されている気がした。

以前は「劇場版」というところで意識していたのか、間の取り方をTVと変えている部分がハマっていなくて酷い印象だったのだが、20世紀~は自分の得意なテンポのいい編集でバシバシ繋いでいくやり方が心地よい。

貫禄みたいなものが出てきていて、有無を言わせない雰囲気が出てる。以前気になった軽さはまだある。ただ、重厚さが欠片もないところが、以前は欠点に見えたのに今はそれが個性に見えているから不思議だ。

原作がある作品の場合、原型をとどめないくらいぶち壊すか、イメージにできるだけ忠実に描写するかの二通りの方法があるけども、堤が取ったのは後者。
これもこの人の個性にあってていいと思います。
三池あたりが撮るなら、あの人のセンスが思いっきり入るんだろうけど、堤は自己主張控えめで手堅く纏めてる。

キャスティングではオッチョ役の豊川 悦司が評判いいですね。まあイメージどおりだし、この人オッサンになればなるほど渋さが増してカッコよくなってく。演技もくどくなくて好みだわ。

ま、予想ではムカつきしか残らないみたいなのを想像していたので、まあまあ面白かったです。
今度から「堤だから」を理由に作品を観ないことはしないようにしよう。



話変わって昨日の稼動。
30回る海がある、って聞いていった熱いイベント。人、・人・人の大盛況の中、選べない・座れない状態で仕方なくなんとか複数から選ぶ余地のあったエヴァを打ったら、スルーが鬼。
スルーが鬼で、寄りがいい形だから打ちっぱなしでもスルー枯れる。通常はアホみたいに回ったけど、出玉は過去最高くらい少ない台だったわ。

CR新世紀エヴァンゲリオン~最後のシ者 SFWS
(34玉交換、11H実戦)
投資9K 回収48K
通常1653 時短700 初当たり7(1/336)
出玉アリ大当たり22
回転率26.4/K(出玉1350計算)
仕事量13718円(トータル確率105.74計算)

やめなかったのは、今月持ち玉で回してるゲーム数が少ないから。ホントはこんな台即ポイですわ。
やっぱイベントとか苦手だわ。ある程度の客付きはしょうがないとして、せめて3台くらいは試し打ちしていねえ。

↓ランキングにご協力お願いしますm(__)m
にほんブログ村 パチンコブログへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://silvercannonball.blog49.fc2.com/tb.php/126-1578e34f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。