FC2ブログ

11 | 2018/12 | 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死への旅立ちそにょ2-1【Left4Dead2】 

今Xbox360で最も熱いゲーム。それがこれ。
ゾンビの魔の手から逃げ延びるゲームですな。

このゲーム、前作で印象に強く残った要素は二つ。
4人での協力プレイを重視していること。主観視点のシューティング(FPSってジャンルね)だが敵がゾンビなので、撃ち返してこない。その代わり敵は全力疾走&大量。
この手のゲームは身を隠すって動作が、自キャラが見えるTPSより体感的じゃないと自分は思ってるので、相手が撃ち返してこないってのはFPSってジャンルのとっつきにくさを解消するいいアイディアだと思います。



で、今作。
前作最高難易度エキスパートもクリアした自分ならノーマルなんか鼻ほじりながらクリア…とか思っていたらとんでもない。
前作でゾンビ菌に感染した人間の中には、特殊能力を持った感染者が5体いたのですが近作は3体追加。こいつらのお陰でゲームバランスががらりと変わっている。

前作で有効だったフォーメーション組んでの立て篭もり作戦をなるべくさせないようにするために、地面に酸をばらまいて移動を余儀なくするスピッター、おんぶ→生存者が行きたくないところに連れて行くゾンビ子泣きじじいジョッキー、生存者に突進→壁にぶつかるまで遠くまで連れて行き地面に連続で叩きつける人間ハンバーグ製造機チャージャーが追加。

この特殊感染者の追加で脱出への道のりは更に過酷に変化。生存者が分断されたところに前作からの特殊感染者も活き活きとして襲い掛かってくる。




生存者側も追加された新武器、新アイテムを駆使できます。
追加武器は微妙に命中精度やら威力が異なるようになってます。ま、イージー~ノーマルクラスならここらへんの武器の使い分けはいらないかもしれませんが、最高難易度は局面ごとの使い分けと4人の役割分担が必須ではないかと予想されます。

一番派手な追加武器は近接武器か。ギターやらフライパンでゾンビを殴ってもよしだし、チェンソー持ってゾンビの壁を突っ切っていくと脳から熱い汁がピューピュー出てきますわ(笑)

演出面はちょっとバカっぽい演出が増えたかな。前述の近接武器なんかもIQ低そうだし、俺の大好きな面のダークカーニバルは遊園地が舞台。ピエロゾンビを殴ると「パフ!」って音がなるのが面白くて、ついついピエロを探してはエルボーを食らわせたり。



友達でわいわいやるには最高のゲーム。見ず知らずの人とボイスチャットなしで見事な連携が出来たときも、違った喜びが味わえる。
協力プレイの醍醐味をとことんまで味わえる、360持ってて良かったと心から言えるソフトだす。
PC版も出てるので、そっちでもいいから一度この熱さを体験してみるといいよ。

まだまだ語りたいことがあるので、次回は今回追加されたリアリズムモード、対戦に追加されたスカベンジモード、前作からある普通の対戦のレビューを書く予定。
熱い夜はまだ終わらない…

プレイ時間:15~20時間の間くらいだと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://silvercannonball.blog49.fc2.com/tb.php/145-b03c8562

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。