FC2ブログ

11 | 2018/12 | 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シネマハスラー聴き過ぎて… 

一昨日の睡眠時間が二時間弱。昨日寝たのは5時(笑)
え~起きられるわけありませんね、はい。やっちったよ畜生。

先週までは、MXTVで放映中の「博士の異常な鼎談」にハマって帰宅後一本見るのが日課になってたけど、前回ゲストがRhymester宇多丸師匠だったんすよね。
で、以前から気にはなってたけどスルーしてたTBSラジオの宇多丸さんの放送を聞いてみる気になったのね。

ここんとこ映画には絶望と失望しか与えられてなかったので、「エヴァ破」だのなんだのが幾ら評判よくても自分が劇場に足を運ぶモチベにはなってませんでした。
映画というカルチャーにかける過剰な期待が逆に足かせになってた感じ。

で、放送を聞いた後の感想ですが…

速攻TUTAYAで見逃してた作品6本ゲットしたよ(笑)


まずこの放送を聞いてビックリしたのが、悪い作品に対しての全く容赦のない批判。
しかもどっかのTV番組で、井筒っていう監督がやってる(やってた?)ものと違い「何故この作品はダメなのか」ということを論理的に分析してしっかりした批評として成立している。

井筒監督が監督としては実力のある人ってのは認めてます。ただ、あの人は批評家としてはあまりにも不勉強すぎるし、正直「こんな程度の意見しかいえないで監督やってて恥ずかしくないのか?」っていう頭の悪い意見(というよりただの悪口)も多数存在した。
あれとはやってることのレベルの桁が違う。宇多丸さん勉強してんな~と。

「~鼎談」の方で宇多丸さんが、「放送やって、これくらいのことすら誰も言ってないの?って思った」って言ってますが、多分映画評論家(自称)の人間は言えないんでしょうな。
雑誌を出すにはスポンサーという存在が必要。どっからお金が出るかっていったら、映画会社とかTV局。
これから売り出すぞーって作品を酷評するのは、自信のライター(批評家とは呼べねえよな)生命に関わるから口をつぐむ。
で、CM効果とタイアップで興行収入という数字を叩き出してそれを「実力」と勘違いしてのさばる無能で向上心のない監督。

反吐がでますわ。

こんな映画ばっか見せられたらそりゃ見たくなくなるわ。

で、宇多丸さんの放送聞いた人に感じて欲しいこととしては作品を観たときに「つまんなかった」だけでは、永遠に映画を観る目は鍛えられないということ。
今の人って自分がわからないものはダメなものって思う人が多いと思うんだけど、音楽でも映画でも絵画でも「不勉強だとわからない作品」ってのは確実に存在して、そういうものを味わうためにはある程度「観る目」を鍛えることってのは必要なんだと。
で、ヒットはしてるけどダメな作品は何がダメなのか。

師匠の言うことを聞いてしっかり勉強しろ!

「アマルフィ」とか「少林少女」の時の怨念は凄いよ(笑)
ホントにイヤだったんだろうなあwww
それでもここまで面白おかしく評論されると観たくなってしまう不思議。

心配なのは、この人は超攻撃的なんでこれが「宇多丸さんの言うこと絶対!」みたいな宗教ぽくならないかなと。
特に若い子とかはね。論理がしっかりしてるだけに危険。
自分でも「俺の意見絶対じゃないから」って常に言ってるけどね。
このコーナーはコーナー自体が宇多丸さんの「芸」として存在してるために、誇張されてる部分もあると思います。
批判精神は常に持たないとダメだし、これが絶対になっちゃうと単に信仰してる宗教が「TVCMとか」から「宇多丸さん」に変わるだけだしね。

とにかく自分は放送聞いて「そういや映画って、つまらない作品観てる時も映画を楽しんでたよな」とか色々思い出してきた。
とりあえずDVDも消化して、久々に劇場にも行きますか。師匠オススメの「カールじいさんの空飛ぶ家」とかね。

スポンサーサイト

コメント

お陰様で

私なんて、なぜかエヴァを第1話から見始めてるんだけどw

風邪気味だっから、ちょうど良い骨休めの2連休になったけどね~。

Re: お陰様で

どりちゅうさん>俺は本格的に風邪ひいてダウンしました。
おかげで借りてきたDVD殆ど消化してます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://silvercannonball.blog49.fc2.com/tb.php/162-83127a48

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。